PS4おすすめホラーゲーム!終わらない悪夢からの脱出!ネバーエンディングナイトメア

『ネバーエンディング ナイトメア』 プロモーションビデオ

【タイトル】
ネバーエンディングナイトメア

【ジャンル】
サイコロジカルホラー

【PS4ソフト】ネバーエンディングナイトメアとはどんなゲーム?

このゲームは最初はパソコンのダウンロード専用のインディーズゲームで発売されました。その後、話題になりケータイニュースでこのゲームの事が紹介され、やってみたいがパソコンゲームは我が家では難しく諦めてました。

その後、PS4で発表され直ぐにプレイしました。インディーズゲームなのでプレイ時間は長くは無いですが、ホラーゲームとしては名作だと思います。 内容はゲームの制作者が実際に経験した鬱体験をゲームにしたとの事でストーリーはあって無いような感じです。

ネバーエンディングナイトメアは今までのとは違ったホラーゲームを経験したい方におすすめです。キャラクターは主人公の男性と妹と思われる女性でストーリーが進みますが、テーマは鬱体験。妹がお嫁さんだったり仕事の上司だったり支離滅裂な無いようです。操作方法は移動と扉とかを開いる行動、走るの十時ボタンを入れて3ボタンで操作します。

ネバーエンディングナイトメアはPS4/PS VitaPLAYISM にて配信中(ダウンロード版のみ)】

■価格:1480 円(税込)
ダウンロード公式サイト

ネバーエンディングナイトメアの世界観

ネバーエンディングナイトメアのゲーム画面は白黒ですが、カラーを白と黒で表現した感じ。出血はもう真っ赤です。白黒ではこの出血の赤は画面に映えます。この鬱の世界から逃げ出すような目的ですが、ここに出てくる敵キャラクターも個性的です。主人公はパジャマ姿で移動するので敵に攻撃は一切できません。敵が出たら逃げるか隠れるしかできません。

慣れるまでは本当に怖いのでPS4で大画面でやるときは躊躇してしまう位です。プレイ時間が短いのですが、クリアはその倍をみた方がいいでしょう。クリアのエンディングも3つあるので二週目はわりとスンナリ進めると思います。

【PS4ソフト】ネバーエンディングナイトメアのおすすめポイント

#1【ホラー】兄者の「NEVERENDING NIGHTMARES」【2BRO.】

おすすめするポイントは、インディーズゲームならではとのこと。ホラーゲームは人気のジャンルの一つでしょうがそれが、インディーズゲームと言う万人受けするかどうかと言う点があります。普段やっているゲームとは一味違った内容と言う事でしょう。鬱というと僕は精神病患者のイメージがあり、最近ではブラック○○と言った仕事をして精神病になり鬱病になる。

これが珍しくない昨今、この部分には触れにくくなってしまったのではないかと思ってます。ゲームでも大手ソフトメーカーでは宜しくない内容だと発売が出来ませんし、制限されると思います。ホラーゲームだと日本と海外だとやれることが制限される部分が多々あると思います。

今のゲーム業界は国内だけではやっていけないことはゲーム好きなら誰でも分かること。それぞれの条件に合わせるとやれることが制限されるので日本岳では出来ない。そこで、インディーズゲームならそういった制限が無いため新しめのゲームをやってみたい人にはとても良いと思います。

どんな人に特におすすめ?

やはり一風変わったゲームがやりたい方。パソコンゲームで人気がでたからPS4での発売がされたのですから、やってもらいたいゲームです。僕もそれをクリアしたのが一年前ですがそれでも強く印象的にのこる面白いゲームソフトです。

【PS4ソフト】ネバーエンディングナイトメアは危険!?

ホラーゲーム – 終わらない悪夢から脱出しろ – Part1 – Neverending Nightmares 実況プレイ

鬱体験がテーマなのでやはりクリア後は気分的に優れる内容ではないです。なので、万人受けはしないでしょうが普段とは違ったゲームをやりたい方におすすめしたいです。

海外で人気のゲームなので、日本のソフトより説明が詳しくないです。
鬱体験の無い方には何となく鬱とはなんなのか分かるような分からないような不思議なゲームです。

ネバーエンディングナイトメアのやり込み要素は? 

結論から言うと、やり込み要素はほぼ無いと思います。
クリア後のエンディングも3つですし、ゲームタイトルもネバーエンディングナイトメアと言うタイトルなので、やってもやっても鬱病は鬱病で、鬱病か改善されてもその鬱体験はいつまでもずっと続ける意味を込めて作ったと言うことがウィキペディアに載ってました。

あえて裏ネタと言えば、このゲームをプレイした鬱体験者の方はこれをやって精神的に助けられたといわれるみたいです。
と言うのも普段、そう言った経験の無い健康的な人は鬱病の事を精神の病んでいる異常者だと言われるのでしょうが、このゲームを通して鬱病とはどういう事かをこのゲームで健康的な人にも教えられるとの事なのでしょう。

僕にも身近にその様な人が数人居るので少なくてもこういう事なのかとゲームを通して知ることが出来ました。でも、僕はそう言った鬱体験とは別にしてこのゲームは興味深いテーマのゲームでお気に入りです。